未経験でも建築への転職は可能?

  未経験でも建築への転職は可能?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

建築業界は転職先として人気が高い業界になっていますが、建築物というのは基本的にお金がかかるもので数千万円から数億円という単位のお金が簡単に動くこともあってマージンも太くなりやすく仕事によっては高い収入が期待できます。

これまでにまったく未経験の状態から建築業界に転職をしたいと考える場合に可能かどうかということが一つのポイントになりますが、これまでに建築関係の仕事をしてなくても建築に関連する資格を取得してなくても建築業界に転職することは可能です。

建築への転職で未経験でも可能なのが営業に関する仕事ですが、これは不動産や土地活用などの営業をするのが基本的な業務であり、もちろん建築に対しての知識は必要であるものの、細かい部分については担当の人に任せることもできるので仕事を取ってくるという部分については深い知識がなくても可能です。

これまでに営業をしてきた人が入りやすくなっていますが、まったくの未経験からの転職をする場合は自分をいかにアピールすることができるかというのが採用の可否を決める上で重要なポイントになるので職務経歴書や履歴書、面接などの準備をしっかり行っておく必要があります。

仕事の探し方についても未経験で働くことができると記載されているところを選んで募集に応募することをおすすめしますが、未経験者大歓迎と記載されていても経験者が欲しいというのが本音なので募集に対する応募が集中した場合に経験者が選ばれる可能性があります。

書類選考と面接が分離しているところであれば、書類選考に通過することが第一の関門になりますが、ここでは過去にどのような仕事をしてきたかということや自分の実績を具体的に挙げることがポイントになります。

また、面接でも同様ですが、自分のことをアピールするばかりではなく自分がこれまでに培ってきたスキルをどのようにして活かすことができるかということを面接官に伝えることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です