未経験でも建築への転職は可能?

建築営業の転職に必要なことは?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

建築業界の中で未経験者でも比較的入りやすい仕事と言われているのが建築営業の仕事で、取り扱う物件の単価が数千万円から億単位ということもあって営業に成功した場合の報酬もかなり高額に設定されており、中には経験が浅い人でも年収1000万円を超えることがあります。

通常だと多くの収入を得るためには同じところに長い間勤めて、少しずつスキルを高めていって昇給という形で給料が上がっていくのが特徴になっていますが、これが建築営業の場合だと昇給による給料の上がり方ではなく実績に応じた上がり方をします。

そのため年齢が高くても転職で成功しているモデルは少なくなく、可能性がある分野の仕事でもあります。

誰でも建築営業で成功を収めることができるわけではなく成功を収めることができる人というのは限られていますが、やはり営業スキルが左右する部分は大きくなっていてこれまでに建築分野に限らず営業職で一定の成績を収めてきた人は成功しやすい特徴があります。

営業職に必要とされているスキルはトーク力や幅広い建築に対する知識と言われていますが、多くの人を相手に営業をする場合はそれぞれの人の名前や特徴などを瞬時に脳内へインプットする記憶力、細かいことに気付くことができる力なども必要になります。

このように建築営業への転職で必要なことの多くは営業の基本的なことであり、建築に関する知識については営業のスキルに比べると必要性は小さくなっているものの、営業スキルを活かすためにも建築に関する知識が充実していることは大切です。

また、営業はすべて上手くいくとは限らず場合によっては上手くいかないことが連続することもありますが、その時の立ち直りの速さというのも営業職として働く人には求められることで気持ちの切り替えを上手くできる人ほど働きやすい仕事でもあります。

建築営業に転職する場合は働く場所によっても求められるものが変わってくるため、求人情報を探す場合は働く上で何が求められているのかということも把握する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です