未経験でも建築への転職は可能?

建築へ転職するときはどんな志望動機がいい?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

建築業界への転職を考えている場合にどのような志望動機にするのか悩むポイントになる人は多く、生活の為や安定した仕事がしたいなど自分のことがベースになっている志望動機にしてしまうと採用で否になってしまう可能性があるので注意が必要です。

これまでに建築の経験がある場合は過去の経験やこれまでに修得した知識を上手に活かした仕事がしたいということを伝えることによってプラスのポイントになります。

肝要なのは経験と、御社に対して自分を雇うことにどのようなメリットがあるのかイメージしてもらうことが重要で、これができるかできないかで転職の成功の可否は決まります。

また、未経験で建築業界に転職する場合の志望動機は少々工夫が必要になりますが、この場合は面接でもどのような経緯で前職を辞めることになって建築業界で働こうと考えたのかということを間違いなく聞かれることになります。

その際に簡潔に答えることができるように準備しておく必要がありますが、同時にまったく違う職種の仕事であっても営業をしていたのであれば営業スキルを活かしたいということなど職歴をできるだけプラスの要素として見てもらうように努力する必要もあります。

志望動機で難しい部分なのがどこまで自分をアピールするのかという部分についてですが、自分をアピールしない事には相手に自分のことを分かってもらえないものの、過度なアピールをすることはかえってマイナスアピールになってしまう可能性があります。

中には前の仕事が嫌で仕事を辞めることになった人もいると思いますが、そのようなマイナスのことは志望動機に入れるべきではなく、それによって自分自身の株を下げてしまっていると言う点についても注意が必要です。

志望動機については転職支援サイトやエージェントを活用することで建築業界に精通しているコンサルタントからアドバイスを貰うこともできるので、これを利用することによって自分に適している上手なアピールをすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です