未経験でも建築への転職は可能?

建築への転職ができる年齢はいつまで?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

人気の建築業界に転職したいと考えているものの、自分の年齢的に適年齢なのかどうかという部分については気になるところだと思いますが、これに関しては28歳が一つのリミットであるという説があります。

28歳までに転職を考えた方が良いと言われているのは社会人経験をして自分の適性を理解することができて、そこから新たに転職をして成功するためことを考えた場合に28歳くらいまでが転職先の幅が広いことが理由としてあります。

これ以上の年齢になってくると30代、40代と年代が上がることに転職のリスクは大きくなり、これまでに長く働いていたところを辞めて転職することを考えている場合はさらに敷居が高くなってしまいます。

ただし、この年齢と転職に関することは一般論であり、実際は40代を超えても建築業界に転職して成功をしている人もいれば、反対に28歳で転職をして失敗してしまうようなケースもあります。

建築業界で年齢に関係なく転職に成功することができる人は経験が豊富なことや実績があることで、これまでに長らく建築業界で働いてきた場合はそれ相応のスキルが身についていることや建築業界にとって大切な顔の広さもあるため働く側も年を取っていることのデメリットよりもメリットに思います。

一方でまったく建築の経験がない場合の転職においては40代を超えてからだと特に厳しい傾向にありますが、それでも建築業界に転職したいという強い意志がある場合は過去の職歴などを武器にして書類審査や面接を受けることで仕事が決まる場合もあります。

建築業界は顕著な人手不足というわけではないものの、離職率は比較的高い分野になっているので人が抜けて不足している場合などは未経験者でも働きやすくなっています。

働く条件については未経験者だと決して良いとは言えませんが、営業職など自分のスキルがそのまま反映される職種の場合は年齢に関係なく高収入が期待できるメリットも建築業で働く場合はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です