未経験でも建築への転職は可能?

  未経験でも建築への転職は可能?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

建築業界は転職先として人気が高い業界になっていますが、建築物というのは基本的にお金がかかるもので数千万円から数億円という単位のお金が簡単に動くこともあってマージンも太くなりやすく仕事によっては高い収入が期待できます。

これまでにまったく未経験の状態から建築業界に転職をしたいと考える場合に可能かどうかということが一つのポイントになりますが、これまでに建築関係の仕事をしてなくても建築に関連する資格を取得してなくても建築業界に転職することは可能です。

建築への転職で未経験でも可能なのが営業に関する仕事ですが、これは不動産や土地活用などの営業をするのが基本的な業務であり、もちろん建築に対しての知識は必要であるものの、細かい部分については担当の人に任せることもできるので仕事を取ってくるという部分については深い知識がなくても可能です。

これまでに営業をしてきた人が入りやすくなっていますが、まったくの未経験からの転職をする場合は自分をいかにアピールすることができるかというのが採用の可否を決める上で重要なポイントになるので職務経歴書や履歴書、面接などの準備をしっかり行っておく必要があります。

仕事の探し方についても未経験で働くことができると記載されているところを選んで募集に応募することをおすすめしますが、未経験者大歓迎と記載されていても経験者が欲しいというのが本音なので募集に対する応募が集中した場合に経験者が選ばれる可能性があります。

書類選考と面接が分離しているところであれば、書類選考に通過することが第一の関門になりますが、ここでは過去にどのような仕事をしてきたかということや自分の実績を具体的に挙げることがポイントになります。

また、面接でも同様ですが、自分のことをアピールするばかりではなく自分がこれまでに培ってきたスキルをどのようにして活かすことができるかということを面接官に伝えることも大切です。

待ち時間を有意義に使えます

Written on 2016年6月16日   By   in 未分類

今まで他社の消費者金融を利用してきましたが、利便性の観点から、モビットに乗り換えることに決めました。プライベートな出費ですが、大学の友人から久しぶりに旅行にでも行かないか誘われ、私も旧友に会えるのは嬉しいので、二つ返事で行こうと返事をしまいた。そのときにモビットに乗り換えようと思ったのです。モビットは自宅のパソコンから申し込めるので、仕事が終わって帰宅してからそのまま申し込むことに。申し込みには少し時間が掛かりました。申し込みした時間が遅かったので、翌日モビットから連絡が入り、申し込み内容に間違いはないか確認されて、審査に移りますと。それから仕事をしていましたが、お昼に携帯電話のメールを見ると、審査に通ったことがわかりました。消費者金融から借り入れをすることは、待つ時間が長いイメージがあったのですが、モビットは待っている時間はなく、仕事をしていたので、とても有意義な時間の使い方ができたと思います。旧友との旅行が本当に楽しみですね。転職エージェントを掛け持ちで利用してもいいのかはhttp://www.serebuphotoclub.com/をご覧下さい!

建築営業の転職に必要なことは?

Written on 2016年6月6日   By   in 未分類

建築業界の中で未経験者でも比較的入りやすい仕事と言われているのが建築営業の仕事で、取り扱う物件の単価が数千万円から億単位ということもあって営業に成功した場合の報酬もかなり高額に設定されており、中には経験が浅い人でも年収1000万円を超えることがあります。

通常だと多くの収入を得るためには同じところに長い間勤めて、少しずつスキルを高めていって昇給という形で給料が上がっていくのが特徴になっていますが、これが建築営業の場合だと昇給による給料の上がり方ではなく実績に応じた上がり方をします。

そのため年齢が高くても転職で成功しているモデルは少なくなく、可能性がある分野の仕事でもあります。

誰でも建築営業で成功を収めることができるわけではなく成功を収めることができる人というのは限られていますが、やはり営業スキルが左右する部分は大きくなっていてこれまでに建築分野に限らず営業職で一定の成績を収めてきた人は成功しやすい特徴があります。

営業職に必要とされているスキルはトーク力や幅広い建築に対する知識と言われていますが、多くの人を相手に営業をする場合はそれぞれの人の名前や特徴などを瞬時に脳内へインプットする記憶力、細かいことに気付くことができる力なども必要になります。

このように建築営業への転職で必要なことの多くは営業の基本的なことであり、建築に関する知識については営業のスキルに比べると必要性は小さくなっているものの、営業スキルを活かすためにも建築に関する知識が充実していることは大切です。

また、営業はすべて上手くいくとは限らず場合によっては上手くいかないことが連続することもありますが、その時の立ち直りの速さというのも営業職として働く人には求められることで気持ちの切り替えを上手くできる人ほど働きやすい仕事でもあります。

建築営業に転職する場合は働く場所によっても求められるものが変わってくるため、求人情報を探す場合は働く上で何が求められているのかということも把握する必要があります。

建築へ転職するときはどんな志望動機がいい?

Written on   By   in 未分類

建築業界への転職を考えている場合にどのような志望動機にするのか悩むポイントになる人は多く、生活の為や安定した仕事がしたいなど自分のことがベースになっている志望動機にしてしまうと採用で否になってしまう可能性があるので注意が必要です。

これまでに建築の経験がある場合は過去の経験やこれまでに修得した知識を上手に活かした仕事がしたいということを伝えることによってプラスのポイントになります。

肝要なのは経験と、御社に対して自分を雇うことにどのようなメリットがあるのかイメージしてもらうことが重要で、これができるかできないかで転職の成功の可否は決まります。

また、未経験で建築業界に転職する場合の志望動機は少々工夫が必要になりますが、この場合は面接でもどのような経緯で前職を辞めることになって建築業界で働こうと考えたのかということを間違いなく聞かれることになります。

その際に簡潔に答えることができるように準備しておく必要がありますが、同時にまったく違う職種の仕事であっても営業をしていたのであれば営業スキルを活かしたいということなど職歴をできるだけプラスの要素として見てもらうように努力する必要もあります。

志望動機で難しい部分なのがどこまで自分をアピールするのかという部分についてですが、自分をアピールしない事には相手に自分のことを分かってもらえないものの、過度なアピールをすることはかえってマイナスアピールになってしまう可能性があります。

中には前の仕事が嫌で仕事を辞めることになった人もいると思いますが、そのようなマイナスのことは志望動機に入れるべきではなく、それによって自分自身の株を下げてしまっていると言う点についても注意が必要です。

志望動機については転職支援サイトやエージェントを活用することで建築業界に精通しているコンサルタントからアドバイスを貰うこともできるので、これを利用することによって自分に適している上手なアピールをすることが可能です。

建築への転職に成功した女性の特徴

Written on   By   in 未分類

建築業界に転職を考えている女性の中には全くの未経験から新たに建築業界に転職をしようとしている人もいますが、建築業界と言っても働く内容については個人差が大きく設計をする人もいれば、内勤で事務作業が中心になっている人、他にも営業職などがあります。

建築販売というのはかなり多額のお金が動くこともあって働き方によっては年収1000万円クラスも不可能ではありませんが、それだけのまとまったお金を稼ぐためにはそれなりにスキルが必要であることや経験なども必要になります。

建築業界に転職する女性もありますが、まったく経験が無くて転職したにも関わらず現在は建築業界の第一線で活躍している女性もたくさんいるので、どうすればそのように働くことができるのかという成功モデルを知ることも大切です。

成功する人に共通しているのは常に目標を持っていることで、さらに枠にはまらない考え方をすることができる人で、建築という分野は正確性も重要ですが、それとは別に独創性も求められる分野であり、同じことを繰り返す単純作業な仕事ではなく常に新しいものに目を向ける向上心が必要です。

建築への転職に成功した女性も最初のうちは不安の中で仕事をしていた人が大半ですが、ちょっとした変化に気付くことや思ったことはどんどん発信して今の地位に辿りついた人が多くいます。

成功した人は最初から成功すると思って成功している人ではなく自分が仕事に打ち込む中で結果としてついてきたものであり、最初から成功することばかりを考えているとそればかりが頭の中を占めるようになり、本来ならもっとも大切にしないといけない小さな仕事を疎かにしてしまいます。

同時に転職もそうですが、新しいことを始めようとして実際に始めると失敗することもたくさんありますが、失敗に落ち込むことなくなぜ失敗したのかということを追求して、それに対する打開策をきちんと立てることができる人も成功者の特徴になっています。

建築への転職ができる年齢はいつまで?

Written on   By   in 未分類

人気の建築業界に転職したいと考えているものの、自分の年齢的に適年齢なのかどうかという部分については気になるところだと思いますが、これに関しては28歳が一つのリミットであるという説があります。

28歳までに転職を考えた方が良いと言われているのは社会人経験をして自分の適性を理解することができて、そこから新たに転職をして成功するためことを考えた場合に28歳くらいまでが転職先の幅が広いことが理由としてあります。

これ以上の年齢になってくると30代、40代と年代が上がることに転職のリスクは大きくなり、これまでに長く働いていたところを辞めて転職することを考えている場合はさらに敷居が高くなってしまいます。

ただし、この年齢と転職に関することは一般論であり、実際は40代を超えても建築業界に転職して成功をしている人もいれば、反対に28歳で転職をして失敗してしまうようなケースもあります。

建築業界で年齢に関係なく転職に成功することができる人は経験が豊富なことや実績があることで、これまでに長らく建築業界で働いてきた場合はそれ相応のスキルが身についていることや建築業界にとって大切な顔の広さもあるため働く側も年を取っていることのデメリットよりもメリットに思います。

一方でまったく建築の経験がない場合の転職においては40代を超えてからだと特に厳しい傾向にありますが、それでも建築業界に転職したいという強い意志がある場合は過去の職歴などを武器にして書類審査や面接を受けることで仕事が決まる場合もあります。

建築業界は顕著な人手不足というわけではないものの、離職率は比較的高い分野になっているので人が抜けて不足している場合などは未経験者でも働きやすくなっています。

働く条件については未経験者だと決して良いとは言えませんが、営業職など自分のスキルがそのまま反映される職種の場合は年齢に関係なく高収入が期待できるメリットも建築業で働く場合はあります。